<< 美容な話*prev
6時間‥‥ >>*next
 

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author: スポンサードリンク
- | permalink | - | -
 
 

コンピューターシティ

私の知り合いの間でpodcastを始める人が多くなっております。
何度かお伝えしておりますが、podcastとは、音声で情報発信する方法です。

私自身、好奇心旺盛なもんで、半年前、ゼビの旦那のところに出してもらった事がありますが、
まぁ当時、お互いを全部が全部わかりきってなかったものですから、内容を今聞くと、

 超腹の探りあいで薄ら寒いといいましょうか(笑)

「取り直しして、勝手に差し替える?(´_ゝ`)」とか、話し合ったりします(ノ∀`)


おはようございます。あーしゅです。


ただ「じゃあ自分でポッドキャストするの?」とか言われると、今のところやっぱり「No」ですね。
興味があっても、明らかに力量が足りないんですよねw
やってる人のを聞いたりしていると、聴きやすい声や聞きたくなる内容とか、
やっぱりそういうものがあったりする。
もっと言うとこんな風に、ブログを気楽に書くような、気持ちや方向性のスキルがたらないというか。

 そしてもう一つ、致命的な問題が。

「こうやってねぇ、今話してるような事をとって配信するなら、
     気楽で楽しそうなんだけど」



「いあ、内容に毒入りすぎて、


          死亡者でちゃうからwww





   激ヒドスwwwwwwwwww





 と、本日は金曜日。 あの話にいきたいと思います(笑
ヴァナ恋やメンタルなお話です。興味のない方回れ右!!
 
 
 
 
 
さて、ちょっとだけヴァナ恋について語りだして数回。
このカテゴリーを組む前にも、こういった内容のものは少し書いてたりするのですが、
改めてちゃんとカテゴリーをもって書くというのは、また違った印象がありますね。

このカテゴリーを最初に立てた時、TLさんから、「そうなのよねぇ」というコメントを頂きました。
抜粋させていただきます。

-------------------------------------------

ネトゲ全般に言えることは、
「所詮はゲーム」と思ってる人と「人付き合いはリアルと変わらん」と思ってる人、
両方の人が同じ場所にぶちこまれてプレイしてるってことだよねー
考え方の違いを尊重しないと、ヘンなトラブルに発展しちゃうことが多いですな。

-------------------------------------------



そして、そんな中で恋するという事は、
リアル以上に自分をコントロールしないとおかしなことになる。
そういったものなのです。

だからこそ、「ゲームなんだから」と言って自分を抑制したりする事もあるのです。
それは、前回に使ったような逃げるためではなく、逃げないための‥‥




 さて、とあるところにヒュム子さんがいました。
※今回も種族フェイス等は本人のものではありません。
その方とヒュム男さんは仲良し。
いちゃいちゃしているわけではないですが、傍から見て「あぁ、いい関係だなぁ」と解る雰囲気。

どう言えばいいのかな? 
ヴァナ恋人であっても、“二人の閉鎖的な世界”というものを作っていない。
みんなと遊び騒ぎ、そうでない時に二人で遊んでいるような、そんな関係。

ヒュム男さんがヒュム子さんに悪態をついてたとしても、
それは茶化しだと解るようなかわいいものであったし、何よりもその悪態に、
ヒュム男さんの方がヒュム子さんのこと好きかな? みたいな甘えが見え隠れしてました。


 ある日の事。

恋はヴァーチャルから生まれたとしても、相手を想う感情はリアルだ。
ヒュム男さんはヒュム子さんに言います。

 「会いたい」と。

この言葉は、軽く使われることが多いと思いますが、実際は重いわけです。
ヴァーチャルの良好な関係を、一気に壊す可能性のある言葉。
それをあえて彼は口にしたのです。
口にしたくなるほどでもあったのでしょう。

そして彼女は──


            醒めたのです。


想いに醒めたわけではありません。
想っているからこそ、改めて彼女は自分を見つめ直したのです。

想いとしてはむしろうれしい。でも‥‥
リアルの実年齢がヒュム男さんとヒュム子さんは離れてました。
ヒュム男さんが年下です。

動揺している自分。
 この言葉はとてもうれしく、と同時にとても辛いものだったのです。


     彼女は一呼吸置きました。


彼に歳の差を話し、「それでもいいの?」と問いました。
そしてリアル発展は多分ないということも‥‥


それでも、彼の答えは「会いたい。会ってみたい」──




「初めて会った時、驚いてたのよw だからあれほど念押ししたのにww」


そういって、彼女は大らかに笑います。


「だからあーしゅちゃんが見てたころって、確かにそうかもしれない。
     そういう関係だったと思う。そういう想いだったと思う。
     今はそういう関係じゃないのよ?
     そういう関係じゃなくて‥‥一緒に遊んだり色々してるw」


   彼女はとても穏やかに微笑む。


私は、“あぁ”と思った。

ヒュム男さんとヒュム子さんの背景にそういう事があっても、
目に見えるような違いを彼らから感じることはなかった。
まったくお互いの態度が以前と変わらず、ぶれていなかったのだ。


一緒に遊び、ふざけ、みんなとゲームを楽しみ‥‥


お互いを想う気持ちは、殆ど変わっていないのだ。
恋とかそういうものでなくなったとしても、むしろもっとその先というか。


 私はとてもステキな関係を見たような気がした。


以前、私と感覚の近しい人からもらった言葉を書かせていただくと、

“恋人にとっての別れは「一生」だったりするけど、
       友人と「別れ」って実は物理的な要因以外ではあまり無い気がすr”


彼女達がヴァナ恋という域を超えてもう一度紡いだ関係は、友人という言葉ではない、
とても自然に相手を想う、素敵な関係だなぁと私は思ったのでした。






今回のタイトルはPerfumeの曲から。

 完璧な計算で作られた楽園で ひとつだけ うそじゃない 愛してる




本日はFFXI * ヴァナ恋TBPヴァナ恋TBPにトラックバックさせていただきました。
author: あーしゅ
リアル≠ヴァーチャル 姫&王子 | permalink | comments(1) | trackbacks(0)
 
 

スポンサーサイト

author: スポンサードリンク
- | permalink | - | -
 
 
Comments:
まあ、「恋人」も「友人」も、人間関係におけるルールを
お互いがなるべく共有するため、に作られた定義に過ぎませんから。

一つの体には、最低一つの心、というのは現実で、
相手を解ろう、分かり合おうという努力はできても
完全に心を共有することはできないわけで。

AさんがBさんに対して「好き」と思ってとった行動が
必ずしもBさんにとって「いい」ものになるとは限らない。
地獄への道は善意で出来ている。
特に恋愛感情というのはその辺のさじ加減が難しいから
その感情を発端とする関係には1線引かれているのかな、と思います。
更に、ネット恋愛だとネットにおける人間関係の定義のすり合わせ
も必要になってきちゃって・・・た、たーいへーん!w
こっちが、「ヴァナだけ」とか「体だけ」と思っていても相手が
そうは思ってなかったらどーすんだろうw
そのライン思ったより遠かったり近かったりしたらどーすんだろうw
こう考えたら、割り切ってやってる人ってパワーあるよなあ、と思いますネ!w

しかし、お二人のようにお互いの「好き」をお互いが尊重できる形で
関係に反映させるとしたら、本来、そこに定義は必要ないのかも。
comment by: sakubon | 2006/11/17 10:47 AM
Leave a comment:






TrackBack URL:
http://arshu.jugem.jp/trackback/501
TrackBacks:
 
 

go well

つれづれなるリアル&ヴァナLife。
ファイナルファンタジーXI マニアックス ハンターズ・バイブル2nd Ver.20070115 ファイナルファンタジーXI 電撃の旅団編 -ヴァナ・ディール公式ワールドガイド- Vol.3 冒険編 ファイナルファンタジーXI 電撃の旅団 編 ヴァナ・ディール公式ワールドガイド アトルガンの秘宝編 ファイナルファンタジーXI 公式設定資料集 ~Life in Vana'diel~ さよなら絶望先生 第6集 (6) ファイナルファンタジーVI アドバンス ファイナルファンタジーV アドバンス ファイナルファンタジーIII 塊魂 PlayStation 2 the Best 大神 PlayStation 2 the Best Wii Perfume~Complete Best~(DVD付) RAKA SHADOW HEARTS II Original Soundtracks