<< 私とあなたの仲じゃない?*prev
参拝。 >>*next
 

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author: スポンサードリンク
- | permalink | - | -
 
 

アンチな私の気になる■ゲーム

あー、なんと言うか、どうしてスクエアゲームの主人公ってこう受臭いんだろう‥‥

 おはようございます、あーしゅです。

初っ端から暴言を吐いてごめんなさい★ミミミ
「へ? どういう意味?」と解らない方があなたの人生は平和なのでそのままで^^^

あと■の女性キャラに多いのは、こう、男性の想像する(理想する)裏表のない女の子っての、
多いよね。なんか、女の子が好きになる女性キャラが少ないというか。

こう、それがいいとか悪いとかじゃなくて、ゲーム会社によって生まれでてくるキャラクターの系統ってあると思いません? 面白いぐらいに(笑) なんか血液型の性格分けみたいなw


さて本日は、お盆休みだしゲームの話。
で、FF11やってるんだし私の思い入れのある■ゲームの話でも。

 とはいえ何度かうちのブログを覗いて下さっている方は知ってると思いますが、
私は■信仰者ではありません。どっちかっつーとアンチです。
が、食わず嫌いとかじゃなくって色々やっててのアンチでございます(*´_ゝ`)


皆さんもご存知の通り、FFシリーズには暗黙(?)のお約束がありまして、奇数はシステム重視、
偶数はストーリー重視という傾向があります。

    私はモノの見事に奇数派で(笑)

FFでどれが一番好きですか?って問われたら、私は迷わず「5!!」って答えるほどシリーズ中、FF5が大好きで、スーファミでやったにもかかわらず、PS版を改めて買うほど、
この手軽でやり込めるFF5が好きでした。
そんなFF5、最近のリメイクラッシュの中、例に漏れずアドバンスとしてリメイクされるそうです。

ファイナルファンタジーV アドバンス ファイナルファンタジーV アドバンス

 ‥‥‥‥‥‥例に漏れず買うと思います(ノ∀`)

後好きなものは?と聞かれると、「3と6」と答えます。基本的に奇数シリーズが私にはいいようです。 今やってるコレだって、よくよく考えると“FF11”ですね(笑)

さて、そうなってくると外せないのが

ファイナルファンタジーIII DS・ファイナルファンタジーIII!!

DSにリメイク、ニューアレンジとして登場のこのソフト。5の次ぐらいに必死に解きました。
 通信対応で、どういう遊び方するのかなぁと気になりますが、一番気になるのは、
3Dにしたことによって生じるロードの長さと、リメイクとしてキャラクターにも性格をつけるなど、
元よりかなり色をつけたようですが、多少の色付けだけでおさまったのか?
 それがかなり心配です。

でもFF3はスーファミどころかファミコンだったのに、話も濃かったし、やりこみ要素も強かった!
隠しジョブだって探し当てたあのころがなつかしいっす(ノ∀`)
だから、コレがいいものなのはお墨付きなのだが、どうメスを‥‥入れてるの‥‥かなぁ?


FFはPSになってから(7以降ですね)、とても色が変わっていきます。
どういえばいいんだろう? 押し付けがましくなるって言うのかな? いわゆる強制イベント?
相手に想像の余裕‥‥余韻を与えない話の作りというのか‥‥

FFに限らず■のゲームは、スーファミからPSに変わったのにあわせるように、
作品の作りとか印象が、私は変わっちゃったように感じるんですよね。
まぁ、このブログを読んでる方の中には、「スーファミ?なにそれ?」って方が多々あると思いますが((ノ∀`)‥‥/笑)、■はとても素朴なものや、ゲームとして冒険したものもよく作られてました。

だからDSのFF3はちょっと今風の空気が吹き込まれてるかもしれませんが、素直なゲームを楽しむといった意味で、この二つのリメイク作品は、機会があればぜひやってもらいたい
アンチ■がおすすめするゲームなのです。
 ‥‥ロード時間の長さが今は一番気になるけど‥‥(´_ゝ`)


他にやって思い入れのある■ゲームといえば、“聖剣伝説2と3”。“ロマサガ2”。“クロノトリガー”。“フロントミッション1”“ライブ・ア・ライブ”←コレやったことある人いる!?(笑) と、

ものの見事にスーファミ時代のものばかりです('-') 本当にありg

やっぱりなんかねー、方向性が変わったんだろうね。
冒頭で言ったゲーム会社によって、生まれるキャラクターの性格の系統があるとか、
無意識のうちに私がFFシリーズは奇数が好きだったりとか、なんかそうゆう、
説明はなくても感じるものとか路線とかあるんだろうなぁ‥‥

さて、そんなPSになって距離を置くようになった私が気に入ってやったものといえば、
 このMMOのFF11と、

アルティメット ヒッツ キングダム ハーツ ファイナルミックス      キングダムハーツII キングダムハーツシリーズ。

又私、このデ○ズニーさんも大層苦手なんですが(笑)、それでもこのシリーズはやりましたね。
ライオンキングを見るたび、大○愛の某曲のPVを見ている様な、なんともいえない気持ちになってきます(´_ゝ`)

というのも、この二つは、よく知っているキャラクターたちを綺麗においしいとこどりをして、上手く編集しているのと、システムのよさかな?
皆がよく知るキャラクターのおいしいとこどりって、聞くだけなら簡単だけど、おいしいところがケンカしないように引き出していかなくちゃいけないから、かなり難しかったのでは? なんておもったり。

ゲームって私の中では、素朴で手軽に遊べるものって感覚がありますから、その点、
このシリーズはアクションRPGであっても、かなりよかった。ウン('-')

ただ、ものの見事に好みのキャラクターというのはやっぱりいなくて、どこか根本で好みじゃないのかなぁ‥‥なんて思ったり。
ゲームとしては損なく遊べます。私持ってます(笑) 気お気に入りかな。私の殿堂かも(*'-')

兇諒は、気梁海でもあるので、さらに話を練らなくちゃいけなかったんでしょうが、
大人が面白く感じるためのストーリーにするため、からめ手な話の進め方をしていて少々面食らいましたが、こちらも綺麗にまとまってます。

しかし見事に「これ‥‥強制イベントだった?もしかして(笑」という、長い前フリは健在(笑
あと、ループ機能がなかったっぽい‥‥残念(´・ω・`)


大きなネームを背負い、“売れるゲーム”を作るということを余儀なくされているのは、
どこか、足かせとして作品に出ていたりするのではないだろうか?
大きな会社も人間と一緒で。

昔の、2Dでも夢中にさせてたころの作品を振り返ってみたり、相手があるものとのコラボなど、新風が入るというのは、これまた人間と一緒でいいのかもしれない。

そして又、新しいものに挑戦して欲しいなぁ。こう、安全パイではないものに。

 人も常に冒険するように(*´_ゝ`)
author: あーしゅ
映像・音楽・ゲーム・本 | permalink | comments(5) | trackbacks(0)
 
 

スポンサーサイト

author: スポンサードリンク
- | permalink | - | -
 
 
Comments:
ども、ご無沙汰です。

「ライブ・ア・ライブ」は自サイトでも記事にしている程好きなゲームです。今まで生きていた中で一番RPGをプレイ(今は全然ですが/苦笑)していた時期のゲームでもあり、もっともハマッたゲームです。

ただ欠点が多い作風でした。戦闘システムもお世辞にも完成していたとは言い難いですし、当時小学館で連載持っていた漫画家にキャラクターデザインさせたはいいが、げーム内では物の見事に反映されてなかったり、その後出た鳥山氏キャラデの「クロノトリガー」のおかげで半ばなかった事にされたような状態でしたし…。

ただ、脚本面はかなり凝ってましたね。オムニバス形式のゲームなのに、中世編からそれが見事に集束していく様は見事でした。

このゲームの中世編程プレイしていて不安にさせられるゲームは早々ないかと思いますね。
comment by: ベン・レイコック | 2006/08/12 3:27 PM
初代のFFは■が会社の存亡を賭けて作り出した作品で、「最後の作品になるかもしれない」ので「ファイナルファンタジー」と銘打ったと聞いたことがあります。
DQやWizなれしていた私には会社が冒険をしていると感じました。

年を経て、いつからか一部上場企業二なり、「ミリオンを年二本出せなければ会社が傾く」そんな話を聞いた頃、1〜5に見た冒険が薄らぎビジュアル先行になった気がしたものです。

たまには売上を気にせず作りたいものを作ってみればいいとも思いますが、大人の世界がそれを許さないんでしょうなぁ(*゜-゜)
comment by: しきみ | 2006/08/13 12:53 AM
ふむり、FFは5が最高だなと思う・・・( ゚Д゚)y−~~
あと「クロノトリガー」は是非やっておこうぜ!
comment by: 腹黒 | 2006/08/14 4:50 PM
FFにゲームとしての面白さを全く要求してなかった自分としては2が一番好きです。
RPGは物語を見るためのものだと思ってるので、ゲーム性なんてものは全くなくていいとおもってたりもします。キャラの移動と戦闘がある程度行われれば、あとはストーリーだけの問題だなと。逆にゲーム性を懲りすぎてるRPGは苦手な傾向があるかもしれません。
なんとなく、だからまだFF11を続けてられるんだな、とか思ったりしました(笑)
そういう意味で、FFは全作容認してます。悪く言えば信者でs

■さんの中では、フロントミッションは全作通して割といいとイイ出来カナ。2ndはなかった事にしてくれれば。(ぉ
comment by: 禿○ | 2006/08/14 5:59 PM
>>やや、ベンさんΣ('Д')
 書いてましたよね、ライブアライブのこと!
 いやー、あれはまれに見る面白い脚本だって、すごい覚えてるんですよ。

 確かに私もその後のクロノトリガーに夢中になった人間ですが、
 ライブアライブのインパクトは越えなかったですね。
 あれはドンデンタイプストーリーの中で秀逸でした。

 ‥‥‥‥どうしてもベンさんには、勝手に同じコスモを感じます(ノ∀`)(笑
ロボット考でのマクロスプラス・7とか、注意事項の潔さというか考え方というか‥‥(笑


>>私も仕事なんかで企画に首突っ込むときなんかは、売れる路線、方向性の土台が固まっていて、それに肉付けってやっぱ必死感が薄くだろうかなぁ。

コレに近くて規模が小さいのが幻○水滸伝かとww


>>FF5面白かったよね! 偶数贔屓のストーリー派には「なんで?」なんてよく聞かれたけど(笑)、ホントあれ好きだったー(笑

あ、クロノクロスじゃなくてクロノトリガーでした(*´_ゝ`)

クロノクロスは‥‥当時の■の会社の混迷度が見事に反映されている作品だと思いますww


>>私の友達にも偶数派がいますよー。
 だからよく衝突して、あーでもないこーでもないって話してました(笑

私はやっぱシステムに重きを置きますねー。
もちろんストーリーもなのですが、ゲームなのだから前提が強いですかねw
FF11は色々言われてますが、面白いシステムだなぁと思ってますし、
なに言われてもプロマシアのストーリーはよかったと思いますよ。強制イベントとか色々ハードルはありましたがww

FF全部容認できないのはなんだろう?
なんか合わない所があるんだろうなぁ。コレばっかりは。

フロントミッションは1と3したのかな?
あれはパンツァーに時間割きすぎて、ストーリーを進められない自分がいますww
comment by: あーしゅ | 2006/08/14 11:26 PM
Leave a comment:






TrackBack URL:
http://arshu.jugem.jp/trackback/430
TrackBacks:
 
 

go well

つれづれなるリアル&ヴァナLife。
ファイナルファンタジーXI マニアックス ハンターズ・バイブル2nd Ver.20070115 ファイナルファンタジーXI 電撃の旅団編 -ヴァナ・ディール公式ワールドガイド- Vol.3 冒険編 ファイナルファンタジーXI 電撃の旅団 編 ヴァナ・ディール公式ワールドガイド アトルガンの秘宝編 ファイナルファンタジーXI 公式設定資料集 ~Life in Vana'diel~ さよなら絶望先生 第6集 (6) ファイナルファンタジーVI アドバンス ファイナルファンタジーV アドバンス ファイナルファンタジーIII 塊魂 PlayStation 2 the Best 大神 PlayStation 2 the Best Wii Perfume~Complete Best~(DVD付) RAKA SHADOW HEARTS II Original Soundtracks