<< 闇エレの恐怖*prev
アンチな私の気になる■ゲーム >>*next
 

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author: スポンサードリンク
- | permalink | - | -
 
 

私とあなたの仲じゃない?

むむむ。FFに入ってない日が続き、ミラテテ関係(チョコボ・護衛・料理書)が一切できてません。
むーんむーんむーん。

 こんにちは、あーしゅです。

あぅぅぅ。PTに行かなくて済む経験値稼ぎがピンチです。
私、ミラテテだけは運がよく、ほぼ1000越えばかりなので、さらに惜しいというか。
今日ぐらいは入りたいなぁ。


さて、本日はMMOでの言葉の印象・関係のお話。
ちょっとした笑い話から。

とある仲のいいイベンターさんのガルカさんとタルタルな集団さん。
とても仲はよく、リアルでも腹分かち合うほど仲がいいですが、お互い誇りあるイベンターさんなので、もちろん意見の食い違いもあります。


ある日。タルタルさん達のイベント風景をのぞいていたガルカさんに向けて、タルタルsは新花火・無鉄砲を放ちました。
何のことはない、イベント練習と“ガルカさんがきたー”と、お遊びをかねて放ったもの。

 ──んが。

ガルカさん、“もしかしてこの間の話し合いが上手くいかなかったからヘイト上がってる?”的なことを考え、ちょっぴりいじわるでやられている感覚と、相手に対するふざけ感半々で、「ごめんなさい」といってその場を去った。
 さぁ今度は慌てるタルタルs。いつもなら遊んでくれるのに、どーして謝られるかが解らない。
何があったんだ? だれかガルカさんにひどいことを言ったんじゃないか? と、おろおろうろうろ‥‥

──まぁ、話を聞いてみればお互いの誤解のスパイラルだったことが解り、大笑い。

でも、MMOはチャットで、文字で意思を伝える世界。
笑い事にはなったけど、こんなことは多々あるわけで。


子供のころ“言葉が通じる”というのは、共通語があるという意味だった。
まぁ、いうなれば日本語はなしてるか否かというか、それが“言葉が通じる”だった。
だが大人になるにつれ、同じ日本語を使っていても、価値観や経験の違いで言葉が通じないという場面に何度もあうようになるわけで。
 さらに文章なんて書いていると、私が思い描く情景が、読者に伝わるなんてまず無理な話という事も実感し、言葉や作品は放って相手に渡した瞬間、いかに生み出したのが私のものであろうとも、私の作品ではなくなる事を実感した覚えがあります。
(ここで、いかに読み手の想像力や感情を引き出すかが、物書きの力量ポイントになるんですよねw)

 言葉をいかに自分が紡ぎだそうと、その言葉から感じる考えと印象は、すべて相手に依存するもの。

花火がきっかけとはいえ、ガルカさんとタルタルsたちの一件は、まさにそんな感じ。
花火を向けた時に何か一言あれば、又印象は違ってたのかもしれないが、もうその一言を断る関係でもなかったからこその誤解で。

それを言うと、フレと話してた時に、私が「失敬な」と発言したことがありました。
「失敬な」の最後に“w”か“('Д')”をつけようと思ったのですが、慌ててそのままエンターを押して
「失敬な」だけになりました。
でもフレの仲だしさして‥‥と思っていたら、「ごめんなさい、失礼でした?;;」と返ってきて、
うぉぉおおおーっと慌てて訂正した覚えがあります(笑

しかしその、誤解にならないための一言が簡略されるのは、実は相手への信頼の証であったり、
甘えの構造であり‥‥


これがリアルだったり、音声だと細かなニュアンスが伝わるので“簡略される一言”は、
あんまりひどいものでない限り、どえらい展開にならないわけです。
あ、でも男性諸君は人の愛情の上に胡坐をかくクセがあるので、なるべく簡略しないようにしましょうww

ところがこの、文字だけのコミュニケーションは、まさしくこれだけで自分の感情を伝えなければなりません。
手を抜けば抜いただけ感情が、“自分”が伝わらないわけです。

元々日本語が超絶へたくそな私。
だからこそ、私の言ってることが通じているかリピートしたり、フレの意向を間違うまいと聞き返すことも多いため“ウザイ”と思われることもあります。

「あーしゅの言うことなんか解らんわww」と散々言われ、
「うん、私も別に君に理解してもらおうと思ってないから^^^^」とさらりと返し、
周りをフリーズに陥れた事も多々あります。

‥‥だってぇ‥‥(ノ∀`) 私にしてみれば必死なんですがw ま、この場合、悪者はどうせ私だし(´_ゝ`)

そういえば逆に、アラをくんでいたフレ達がイベントを企画し始めたとき、
“この人達は同じLSだから、LSイベントを今言ってるのね”と思い聞き流してたら、
当日、「テメー‥‥」と首根っこ引っつかまれた覚えがあります(笑
(でもさ、でもさ、私は含まれてないのに、“私もなのね!?(*゚▽゚*)”って間違えた方がはずかちぃやん!!/笑)

こういう言葉の印象に対して、ちょっと過去のエントリーになりますが、
とあるエル使いの不定期日記。】さんの"私"というフィルター。という記事が、とても解りやすく簡潔に書かれています。
また、【エルブロ。】さんのサボり癖むくむくにも、興味深い内容がかかれてました。

フレに対して「遊ぼう!」と声をかけられるかどうか。というお話。

これねー。私はめっちゃ難しいとおもうんよw

短く言うと、フレに誘われずに置いてけぼり食らうと(´・ω・`)となっちゃうというお話なのですが、
確かに解る。解るが、いざ誘う立場となると、微妙なものです(笑)

私にはもっと仲良くなりたいフレや、一緒に遊びたいフレがいます。
でもその方たちってやっぱりお空いったり、HNMと戦ったりしてて、
“なまぬるーな私とは違うかなぁ”なんか思って、誘うに誘えないというのが正直な心境です。
また、やっぱりウザイかなぁとも思いますしね(´・ω・`)

リアルの時間を遊びに使っているのだから、つまんない誘いできない‥‥

そう思っちゃって、いつも挨拶とどうでもいい話で終わります。
それはそれで楽しいんですが、やっぱり残念ですよね。

結論から言うと、彼女もコメの方で言ってるんですが、お互い“察しろよ”ではなく、
知ってる仲だからこその一歩と一言なんだよね〜。
結局“察しろよ”とか、“どうして○○してくれないんだろう”とかって、相手に選択権を渡した、
言葉の話同様の甘えの一つでもあって。

相手を知っているから最後の一言をはぶいちゃって、仲がいいからその一歩を踏み出さなくて。

でも本当は、仲がよくて信頼しているからこそ、その一歩とその一言を大事にするべきなんだよね。
(*´ー`)
author: あーしゅ
ヴァナ内人間関係 | permalink | comments(2) | trackbacks(0)
 
 

スポンサーサイト

author: スポンサードリンク
- | permalink | - | -
 
 
Comments:
私も言葉足らず・・・というか何も考えずにぺろっと言った一言で
周囲にフリーズかましたことは何度もありますo--rz
リアルでも比較的キツイジョークが飛び交う会話が茶飯事なので
チャットでもそうなりがちなのかもしれません
それでも見捨てないでいてくれる人はありがたいです(つω・`)


>私は含まれてないのに、“私もなのね!?(*゚▽゚*)”
恥ずかしいを通り越してショックの域に至るので
目の前で何か企画が持ち上がってても
「あんたは?」と聞かれるまで発言控えたりしま・・・す・・・o--rz
(参加しそびれることも多々)
comment by: フィル | 2006/08/12 9:29 AM
>>うちもキッツイ事をぺろりと言うので((ノ∀`)‥‥/笑)、
それでも付き合ってくれる人はありがたいなぁって思ってます。

ただ私の場合、こう、時々地雷を故意に踏む癖があるのでなんとも‥‥(ノ∀`)

「私もなのね!?(*゚▽゚*)」はバーストしちゃうよねww
でも、「私呼ばれてないし‥‥」をしてると、
「なに、その被害妄想ww」(←この言葉もちょっと違うとオモタww)と笑われましたw
行きたい時はやっぱ素直にアピールも大事だよね。

‥‥といってすぐ出来るものでもないんだけど(ノ∀`*)
comment by: あーしゅ | 2006/08/14 10:45 PM
Leave a comment:






TrackBack URL:
http://arshu.jugem.jp/trackback/429
TrackBacks:
 
 

go well

つれづれなるリアル&ヴァナLife。
ファイナルファンタジーXI マニアックス ハンターズ・バイブル2nd Ver.20070115 ファイナルファンタジーXI 電撃の旅団編 -ヴァナ・ディール公式ワールドガイド- Vol.3 冒険編 ファイナルファンタジーXI 電撃の旅団 編 ヴァナ・ディール公式ワールドガイド アトルガンの秘宝編 ファイナルファンタジーXI 公式設定資料集 ~Life in Vana'diel~ さよなら絶望先生 第6集 (6) ファイナルファンタジーVI アドバンス ファイナルファンタジーV アドバンス ファイナルファンタジーIII 塊魂 PlayStation 2 the Best 大神 PlayStation 2 the Best Wii Perfume~Complete Best~(DVD付) RAKA SHADOW HEARTS II Original Soundtracks