<< これはひどい('Д')・2*prev
当分いりません('-') >>*next
 

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author: スポンサードリンク
- | permalink | - | -
 
 

惹かれるのはあなた自身

気になっていたCMの曲がCOLTEMONIKHAという、私の好きなカプセルの中田さんプロデュースということが判明し、とりあえずお試しで買ってみようかなぁと考える。
だって一枚1800円程度なんだもん。カプセルのCDは大体2000円前後。

なんつーかね、最近CDが売れないとかなんとい言う話聞くけどさ、

  高すぎの気がするのよね。元々が。

 こんばんは、あーしゅです。


普通の音楽CDって大体3000円じゃない?
金持ちならともかく、決して「ためしに買ってみよう」金額ではない。
その点、例に上げたカプセルは大体2000円なので、「ためしに‥‥」「ためしに‥‥」で、
いまじゃアルバム全部そろいそうな勢い。

チューンとかで好きな曲だけ買うってのもいいよね。
やっぱ本(活字)と音楽は手軽で身近なものであるべきと思う今日この頃。



            さて本日は、レビューを混ぜたちょっとしたお話。
ファミ通DVD MOOK ヴァナ・ディール通信vol.2~アサルトだよ!全員集号!~アサルトだよ!全員集号!です。

 ‥‥‥‥‥‥えー('-') うん。

 タイミング悪いなぁ(笑)

タイミング悪いなぁというのは、VUの変更がすぐきたからね。
それをいうと一ヶ月ちょい前に出た電撃の旅団 アトルガンの秘宝編も確かにそうなんですが、
簡易攻略本なんですよね。私の印象でのファミ通は。
やっぱりファミ通は攻略専門というか。
情報をまとめて綺麗に見せるということはさすがに慣れていますが…なんと言えばいいんだろう?
主観がない。といえばいいのだろうか?

 主観と言ってしまうと、悪いイメージがあったりするのだが、人って結局、
惹かれるもの・好感なんていうものは、自分とは別の何かであったり個性だったりする。
個性があったりすると叩かれたりもするが、興味が出てくるというのも確かだ。

前回、身近な人にアンケートをとった時、「攻略ならネットがあるし」という返答が、
数多くあった。
その中で本をお金を払って買おうと思わせるというのは、何かが必要なのだろう。

実は私、「それよかった?」とよく聞かれるヴァナ・ディール研究白書 Ver.031111を持っているのですが、読むとしては、私、あっちの方がちょっと好きだったりするところがあるんですよね(笑
ジョブの個人的見解とか。少しだけだけど、どういえばいいのかな? 自分の知りえないこととか研究とか考えとか。
そういう記事、電撃の方が満載で、魅力的に見えるのではなかろうか? なんて思ったり。

DVDの方は、さすがに手馴れてる感が漂いますが、映像って色味調整とかできないから、暗いよねー(笑) 仕方ないのだがww
真面目企画の他にちょっとトンでも企画が収録されていたのですが、
私はあれが一番好きでしたw

ネットテレビ放送という、素人でも映像を作ればそれに対し、スポンサーがついて放送出来るという企画があるらしいが、そんな感じで定期的に放送されても面白そーとか思った私は欲張り?(笑


なんていうかなぁ、やっぱ人間惹かれるのって、個性だよね。人であれなんであれ。
で、こう…接触する仲ならともかくとして、間接的な…映像であったり音声であったり活字であったり、そうなってくると、個性というのはなぜか薄まったりするのですよ。
だからちょっと大げさだったり、難癖があったりしたほうが伝わりやすかったりする。

特に冒険なんかを楽しく伝える場合は、多少破天荒だったり、こだわりがあった方がさらにいい。


あとそれから‥‥って、え? ダメだししすぎ?(笑 
誰もうちのブログ読んでないから偉そうなこといってるんだろう?

安心してください、ちゃんと関係者に直接バイオ3してみます★ミミミミ うふっ^^

 ‥‥‥‥(´_ゝ`)怖いものがないといわれるのがなんかわかりはじめた。



人はいいところを見せようとする。悪いところを隠そうとする・見ないようにしようとする。
まぁそりゃ当たり前だ。悪いところばかり目につけば愛想もつかされる。
自分はいい人に見られたかったり、できる人に見られたいのも確か。

でも、完璧にいい人なんているわけないし、“悪い”といわれるところに魅力や個性があるのも確か。

どれだけ悪いところと向き合えるか、悪いところをいかに魅力に変えるか。
それが進歩なんだろうなぁ。なんでも(*'-')
author: あーしゅ
映像・音楽・ゲーム・本 | permalink | comments(2) | trackbacks(0)
 
 

スポンサーサイト

author: スポンサードリンク
- | permalink | - | -
 
 
Comments:
アンチが居てこそ、本当のファンがつくもんですな。
comment by: 鈴木 | 2006/07/31 4:48 AM
いくら本が売れにくい時代とはいえ、
電撃の本を知っている人はいても、
ヴァナ通? なにそれ?ってのは‥‥
頑張ってとしか(;;´_ゝ`)
comment by: あーしゅ | 2006/08/08 5:35 PM
Leave a comment:






TrackBack URL:
http://arshu.jugem.jp/trackback/414
TrackBacks:
 
 

go well

つれづれなるリアル&ヴァナLife。
ファイナルファンタジーXI マニアックス ハンターズ・バイブル2nd Ver.20070115 ファイナルファンタジーXI 電撃の旅団編 -ヴァナ・ディール公式ワールドガイド- Vol.3 冒険編 ファイナルファンタジーXI 電撃の旅団 編 ヴァナ・ディール公式ワールドガイド アトルガンの秘宝編 ファイナルファンタジーXI 公式設定資料集 ~Life in Vana'diel~ さよなら絶望先生 第6集 (6) ファイナルファンタジーVI アドバンス ファイナルファンタジーV アドバンス ファイナルファンタジーIII 塊魂 PlayStation 2 the Best 大神 PlayStation 2 the Best Wii Perfume~Complete Best~(DVD付) RAKA SHADOW HEARTS II Original Soundtracks