<< その真珠は売れない“宝物”。-前編-*prev
思うとろこいっぱい >>*next
 

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author: スポンサードリンク
- | permalink | - | -
 
 

その真珠は売れない“宝物”。-後編-

こぉのくそ忙しい時期にポータブルHDがぶっ壊れたあーしゅです。

 こんぬつあ。

もう、涙で前が滲みます
色々設定とか放り込んでたのに、差し込んだままPC起動させると、
窓が立ち上がらないほどです。泣くに泣けません(´_ゝ`)

あれだ。PCでできるファミコンゲームとかこん中入ってて、
トルネコの大冒険2途中なのにー。・゚・(ノд`)・゚・。←結局そこか

いや、一応仕事のものも入ってるんですけどね。
8ビットゲーム‥‥シクシクシクシク 私のオアシス‥‥シクシクシク
あまり会わない人から頂いたものだから諦めるしかないので余計に悔しい(´・ω・`)



さてさて、昨日に引き続きLSのお話です。
鬼のように長いので覚悟してください(ノ∀`)
面白い話も書いてないからスルーでいいよ(´_ゝ`)

質問を聞いてまわっていて驚いたのは、掛け持ちの人が少なかったこと。
(裏・空などのイベント用はカウントしない)
質問の中に、「何個もってますか?」とは聞かなかったのだが、
「もらってからずっとここ」等の答えが返ってくることが多かった。

掛け持ちしていてもほぼ2個が多く、その2個のLSのメンバー同士が顔見知りな事も多かった。

「もうねー、時々、
 『全部一緒のLSなっちまえーー! なんでバラバラなんだよぅ!!』
 とか思う時あるw」

と、多くのLSをもっている方はそう言いました。
あははは。いえてる。
私もLSを付けていたころ、拾ってくれた元LSの隊長のトコと、リアルフレ繋がりのすーさんのLSをいったり来たりしていた。
LSの趣旨が違うので1つになるっていうのは目に見えて無理だとわかっていたけれど、ミッションとかを一緒に出来ないかなぁと、せっついた想い出がある。

ただ元LSを離れた後、その意識は少し変わりました。
 
 
 
元LSを離れ寂しいなぁと思っている時、フレからLSを頂いた。
今は引退したミーさん…現なおさんがリーダーのLSだ。

頂いたはいいもの、これがなかなか入りづらかった。
紹介してくれたフレがいる時しか入り辛く、いてもやはり“蚊帳の外”感は否めない。
もちろん冷たい人達とかそういうんじゃなくて、これまでの仲間といた“歴史の壁”みたいなものを無意識に思い描いてしまい、私はまず“打ち解けよう”とするよりも各メンバーの雰囲気やキャラクター・立ち居地を把握するのにあっぷあっぷだった。
ちなみにこの時のなおさんの印象は“なに考えてるのかわからない人”でした。
と、いうのも、初め会ったころ、気がついたら彼は寝落ちしていて、話が終わる前に深い眠りについてたから(笑


元LSに新しいメンバーが入った時、彼女が「私打ち解けてないんじゃないだろうか?」等の話を私にした時、「はぁ? なにいってんの? これだけ打ち解けて話してるのにしっかりしてよ(笑」と笑い飛ばした思い出があるのですが、結局今思うと、彼女は器用な人なので話題を振りまく事が上手かったのでこちらは気付かなかったのですが、やはり彼女も本当はあるはずのない壁に、少しおののいていたのだと思います。

まぁ、なにが言いたいかといえば、LSに1人入るにしても、入る側は入る側なりの警戒心や不安があり、入れる側も入れる側なりのやはり不安があるものです。
ゲームなんて言葉でごまかしても、結局人間の作ったコミュニティなのですから。

よく遊んでくれている竜さんとなおさんは別々のLSですが、同じようにミッションをしたり裏も行ったりしているので、お互いのLSメンバーを知ってますし把握しています。

ミーさんがいなくなってなおさんにLSが引継がれる時、竜さんのトコのLSと合併?という案が持ち上がりました。
メンバーの中には両者のLSを持っている人もいましたから。

それでも、合併はしませんでした。
それほどこの真珠は、確立されたコミュニティで、デリケートな思いの塊なのです。


------------------------------

 「んとねーレレルがまだ12ぐらいの時ほとんど人と話したこともなくw
 「(ノ∀`)」
 「もちょっとやったらやめようと^^
 「むほっっ(笑」
 「そんな頃サーチ機能というのを知ってw
    ウインでなんとなくサーチしてたら、コメントに“メンバー募集”というのを見つけて」
 「ふむふむ」
 「レレル1の人だったので初心者だと思って、
    一緒に行けたら面白そうだなーって勇気を振り絞ってテルしたのがLSの隊長の倉庫で」
 「うんうん」
 「結局すぐ返事こなくって、やっぱダメなんだなーって、
     何日か後タロでブラブラしてたら突然知らない人からテルが来て」
 「ぷひひひ」
 「隊長がテルしてくれなかったら
         コタは1ヵ月くらいで消えていた命でした^^
 「ごっさん。さっきから衝撃の事実オンパレード杉www
 「うぷw その時にLSやPTチャットの仕方教わったぐらいだから、
     ホント1人でやってましたねぇ」
 「それもすごいねー」
 「サルタの音楽聴くと今でもあの頃を思い出します^^
            今ではいい思い出でとっても好きな曲です^^」




 思いのコミュニティで出来てるものがこのパールなんだと痛感。


 パールが割れて泣いた。呆然とした。そんな話も聞く。当たり前だ。
そこには、割れるまでに悪い事が貯まったかもしれないが、いい事も含めて、思いがたくさん詰まっている。

1度私はパールが割れた現場に立ち合った事がある。よくは知らないがリーダーさんの都合上、突然割れたものだった。
私はそのLSに時々顔を見せる程度だったが、あまりのことに驚いた。
LSのサイトを開いて、「このLSは解散しました」という言葉を、何度も確認した思い出がある。


 “ゲーム”という言葉にごまかされたその真珠は、あまりにも重い物だ。


そして、いろんな人に質問を投げかけているうちに、私は1つの事を思い知った。

 多分、もう二度と、私はLSはつけられないだろうと。


 元LSを飛び出して、新しいパールをもらってもなかなか付けられなかったのは、
最初だからなかなか馴染めなかったというせいもあるが、
結局私は、無意識に操を立てていたのだ。
リアルフレつながりでパールをもらっていても、そこに常駐することも出来なかった。
自分でもとても不思議だったが、結局の所そうだった。

 小さく、“ゲーム”という言葉でこの真珠を1番ごまかしていたのは私だった。

それは、私が一緒につるんでいた兄に※1「ゲームなんだから人に思い入れるな」といわれ、
「ふざけんな!」と怒ったアレを、私はその真珠にしていたのだ。



   そしてその真珠は、私を無意識下で操った──




 持っているなおさんとすーさんのLSは、それでも少し時間をかけて付ける事が出来るようになったのだが、これまた大人の事情で(笑)付けられなくなっている(ノ∀`)

 「新しいLSを探すよりはさ、今もってる、信頼のおけるLSのどれかに戻った方がいいよ」

私は唇を上げた。

さらりと「信頼のおけるLS」なんていうなおさんが、とても“らしく”て 過去の私ならそれは出なかった様に思う。
こんな何気ない所で、人間性って見えるもんだなぁ…なんてしみじみ。


私は、その小さな真珠たちを又倉庫にしまった。
ロッカーじゃないところがミソだ。


 それは売れない、そして手放す事もできない宝物──



----------------------------------

 「クフィムでのレベル上げPTで、おいらは1人の女ヒュムから真っ赤なパールを貰ったんだけど、それがその先一年程在籍することになったLSだったんだ。

はじめは永住するつもりはなかったんだけど、パールを付けると、いつもリーダー1人しかいなくて、気の毒になったおいらは、いつもそのパールを付けることにしたというわけさ。

しばらくするとWin版が発売されて、大勢のご新規さんがヴァナに溢れたんだけど、
そこでおいらは、ここぞとばかりに勧誘をはじめたんだ。
兄さん※1やを含め何名かの気の良さそうな冒険者をLSに迎えることができたわけなんだけど、おいらが主導で勧誘したこともあって、おいらのLSのような妙な具合になってしまったんだ。
リーダーも別のLSに重きを置き始めてしまって、メンバーも1人減り2人減りて、結局最後はおいらと兄さんしか残らなかった。
当然のようにこのままLSを続けるべきなのかおいらは考えていた。
その頃、そんな迷っていたおいらに、PSO以来のフレが言ったんだ。

「LSを立ち上げよう!」

おいらは最盛期、フレとのLSで日々楽しく過ごしていたんだけど、気がかりあったんだ。
前のLSをたまに覗いてみると、そこには必ずたった1人で兄さんがいた。

彼はおいらに言ったんだ。


「これは初めてもらった思い出のLSだから」────












※1・通称です。元私のヴァナ婚予定相手だった人



 -オマケ- 感動はなくなります('-')b

 「おいらの話には兄の人も出てくるぞ」
 「だからあの人は関係ないっていってるじゃん。悪い人だともいってないし、
     私があの人との付き合い方わかんないだけだと言ってるでしょ。で、書いてもいいのね」
 「うむ、のっけてくれ兄さんのとこだけのっけてくれ
 「('Д') 何であの人のとこだけ」
 「あのバカ正直な少年性は、今の時代だからこそ必要なんじゃよ
 「少年性があっても協調性なかったら却下だわ(笑」
 「あしゅさんw」
 「だから少年性もいい人性も認めてるやん。それ以上に気分屋天然性がな‥‥。
  それより私、どうして文才ないのに結構重いLSの話なんて書こうと思ったんだろう(´・ω・`)」
 「まぁ、軽く経緯説明してみたら?w ジャブ程度に。
     あ〜、でもあーしゅさんそれやると、
        渾身の右フックとかになるからなあ・・・・
 「うむ。 私にはジャブなんだが、急所に直撃するらしい
 「北斗神拳だなあ」



南斗の方が好みです(´_ゝ`)
author: あーしゅ
ヴァナ内人間関係 | permalink | comments(0) | trackbacks(1)
 
 

スポンサーサイト

author: スポンサードリンク
- | permalink | - | -
 
 
Comments:
Leave a comment:






TrackBack URL:
http://arshu.jugem.jp/trackback/368
TrackBacks:
トルネコの大冒険2 『トルネコの大冒険』(トルネコのだいぼうけん)は、ドラゴンクエストシリーズの外伝的作品。ダンジョン探索型コンピュータRPG|RPGのシリーズ (作品)|シリーズで、ローグライクゲームである。ドラゴンクエストシリーズ
trackback by: まゆのブログ | 2007/01/31 6:52 AM
 
 

go well

つれづれなるリアル&ヴァナLife。
ファイナルファンタジーXI マニアックス ハンターズ・バイブル2nd Ver.20070115 ファイナルファンタジーXI 電撃の旅団編 -ヴァナ・ディール公式ワールドガイド- Vol.3 冒険編 ファイナルファンタジーXI 電撃の旅団 編 ヴァナ・ディール公式ワールドガイド アトルガンの秘宝編 ファイナルファンタジーXI 公式設定資料集 ~Life in Vana'diel~ さよなら絶望先生 第6集 (6) ファイナルファンタジーVI アドバンス ファイナルファンタジーV アドバンス ファイナルファンタジーIII 塊魂 PlayStation 2 the Best 大神 PlayStation 2 the Best Wii Perfume~Complete Best~(DVD付) RAKA SHADOW HEARTS II Original Soundtracks