スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author: スポンサードリンク
- | permalink | - | -
 
 

FF11、好きなんだなあたし…

無防備な男に冷や水ではなく、液体窒素飲ませたいあーしゅです。

   こんばんは。

よく、女の子が無防備な事は問題とされますが、別に女の子だけじゃないと思うのよね。
男の子だって無防備はよくない。
特に彼女がいるとか、確立した立場を持っているであるとか。ル○ンさんとか‥‥

 夢は顎ひっつかまえて、ザラザラザラって液体窒素流し込む事です★ミミミ


さて、今日はお買い物のお話。
この間から資料として、新書系や文庫系の本が溜まる一方なんですが、
そういった気晴らしで漫画なんかもよく買いますが、最近の漫画は触発される作品、
ちょっと少ないなぁなんて思うしだいです。

例に漏れずのだめカンタービレ(16)は買いました。
感想は辛口レニたんに任せるとして例に漏れず、
のだめカンタービレ Selection CD Book〈vol.2〉も買いました。
正直、「高いかなー」とは思うのですが、漫画と平行して体感できるクラッシック入門という観点と、CDつきファンブックとしてはアリかなーとは思います。

つーか、ドラマのコントラバスのサエコの役者さんが気になります。
あの出来すぎた声優のような声と妙な萌えオーラ。みょーなはまりかたしてめっちゃ気になる‥‥
つーか、ここまで漫画に忠実なのもホント珍しいドラマだよな。


あと、さよなら絶望先生 第5集をやっと買いました。
私は絶望先生にジャーナリズムを感じます。変か?(笑)


さて本題は、こちら。

ファイナルファンタジーXI 電撃の旅団編 -ヴァナ・ディール公式ワールドガイド- Vol.3 冒険編電撃の旅団編 -ヴァナ・ディール公式ワールドガイド- Vol.3 冒険編

いやー、うん、ツボだった。私としてはかなりツボ。

基本的にミッションやクエスト大好きな私としては、
それが一冊にまとめられているって言うだけでもツボなのに、
電撃の魅力である雑談やコラムをうまく混ぜていて、実力本領発揮できているというか、
上手いなぁと思いました。四コマあるし(笑) ←それか

これを持って、やってないクエストやミッションを振り返っていきたいなぁと画策中です。


さて、インターネットが出来る環境だというのに、私は攻略本を買ってしまう派。
それで変な話なんですが私、ゲーム攻略本はエンター派なんですよね(笑
なにより見やすいっていうか、読みやすいしかっこいいって感じというか。
本棚で残ってる攻略本大半はエンター。

でもおもしろい事にエンターの攻略本が並ぶ中、深みにはまったゲームの攻略本のお気に入りは、電撃なんですよね(笑
なんていうのかな、紙面に

  「俺、このゲームこんなところのこーゆーのが好きなんだよね? どうよ?」

見たいなノリがある。

だから、自分が深みにはまったゲームの関連本を電撃で見ると、「そうそう! 私も好き!」
みたいなノリになったり、「うへぇー知らなかった。今度いってみよう」みたいな。
同じファンと雑談しているような、そんな感じになる。
 もっといえば、よく出来たブログを見ているみたいな(笑

今回の旅団・冒険編を読んだとき、すごく感じたのは、
 私って、FFってゲームが好きなんだなぁってあらためて思った。

 なんつーかなぁ。やってるのに、一歩引いて見ようを(これでも)心がけている私として、
そう思わせたせてくれた旅団に、ちょっと一本取られたって感じで‥‥

ファンクラブみたいなの入りました(笑

まぁ幽霊部員みたいなのだけど、これがけじめだ!!(けじめ?/笑)


この敗北感刻んでくれたこの本と、この間とれたAF2を胸に、
   またいそいそと冒険に向かいたいと思います(`・ω・´)
author: あーしゅ
映像・音楽・ゲーム・本 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)
 
 

時々‥‥

中の国が、日本の高級化粧品であるSK-をまぁ、問題あり商品として、
輸入禁止すると大々的に言い出したのをご存知でしょうか?
いやーなんつーか、女性の端くれである私ですら、すごくいい商品・憧れの商品として知られてるSK-兇貿魃の矢を立てるなんて。

 さすが一味も二味も違います。(´_ゝ`)b

 こんばんは、あーしゅです。


ぶっちゃけどのジャンルの有名ブランドも、結局商品を真似して、
粗悪品を“そのブランドの品物だ”といって売り出されるソレがかなり問題になっている。
つまり、輸入禁止といっている商品はまったくの無実で、自国のコピー商品による問題を
摩り替えていたり、最近問題になっている、農薬の酷い中の国産農業製品の買い控えによる日本への当て付けじゃないかという話が出ている。

 ‥‥まぁ、米の国も時々同じよーな事するよね(笑) もっと上手いけど。


 さてさて、今日はそんな話じゃありません。
一応やってるんですよー、

他人部屋だったりしますw

PSUはホントえらいことになりまして、以前は違うキャラクターを作っていたのですが
作り直してニューマンで遊んでおります。

まぁ、手軽なアクションRPGで私はワールド1で遊ばせてもらっておりますが、


いかんせん、今、全然暇がないので遊んでません。('-')


  遊ばせろー!!!ヽ(`Д´)ノ



 ‥‥つーか、それより旅行の用意を‥‥orz
author: あーしゅ
映像・音楽・ゲーム・本 | permalink | comments(3) | trackbacks(0)
 
 

私としては正統派アイドル

 さてさて、土日だから完全趣味なお話おば。

 私は音楽が大好きだ。でもって好みってのももちろんあるけれども、
一般に“売れている”という音楽に触手があんまり動かない。
仕事の時に延々かけるからかしらん(笑

基本的に、何かを発想する時は私は高音が多く、話を膨らます時は低音系、
で、作業をする時は、邦楽だと日本語が邪魔になるので、洋楽かBGM系に走ります。
日本語が邪魔になるっていうのは、やっぱ歌詞に引きずられて琴線に触れることがあるんですよ。すると、せっかくまとまってた考えに、またあれもこれもとくっつけていってしまう。
 仕事まとまんねーなんてことになります(笑

さて、そんな中で、最近BGMとしてどっぷりはまっているプロデュース作品が、
中田ヤスタカ氏作品。
何度も紹介してますが、どうも菅野ようこ氏に引き続き、私の好みゾーンをつつく方のようです。


この音源との初めての出会いは、私の大好きなフラッシュ職人Shomachanさんが作った、
music controller -恋するミスラ編-】を見て、「なんじゃこりゃー!」と琴線に触れてから、
どっぷりBGMはカプセル優勢となりました。

このカプセルというか、中田氏の作品は“キュートでピコピコ”が大体共通する印象。
私の独断と偏見の意見ですが、初期のカプセルはなんというか、まだ“歌うこと”をしてまして‥‥いや、今が歌ってないというわけじゃなくて、どういえばいいだろう?
普通に歌おうとしてるコンセプトで、私はそれが逆に興味をなくす感じだったのですが、ある時から声を楽器のように、抑揚なく音に声を乗せるようになってから、
スコーンとツボにストライクしました(笑

“抑揚のない声”というとマイナスな言い方に思えますが、このカプセルはそれが魅力!
で、ただの抑揚のない声なら魅力にならないので、とても計算されてるなぁと思うしだいです。

しかもカプセルのCDは2000円代と、とても手に取りやすい値段。
このせいで、カプセルのCDがどんどんそろっていってます(笑

私の好みはL.D.K Lounge Designers KillerL.D.K Lounge Designers Killerです。

音楽マニアれにたんの好みはCUTIE CINEMA REPLAYCUTIE CINEMA REPLAYだそうです。

オフィシャルで視聴ができますので(興味のあるアルバムの『>>詳細』というところをぽちっと押してください)
興味の沸いた方は聞いてみてください。


さて、中田氏を押すとTLさんと議論になるのですが(笑)
   好きなもんは好きなんだもん! しかたないじゃん!という感じ(笑)

というのも以前京セラau機種のCMソングが、「なんじゃこりゃー!!!」とあの短い時間で興味をそそられ調べたら、
中田氏プロデュースのCOLTEMONIKHACOLTEMONIKHA
“そらとぶひかり”で、色々、無駄な抵抗するのやめました(笑
こちらも、オフィシャルで視聴できます。

あぁ、オフィシャルで視聴して興味そそられて買ったといえば2D2D2D2Dもヒットかなぁ。
これはピコピコキュートっていう感じじゃなくて、なんていうのかな?
未熟とけなす意見もあるけど、未完成の魅力というか。
なんか未成年っぽいというか、上手くいえないけど、この完成されてない感が私は好きでしたねぇ。

 いやー、ホント、ほとんど2000円なのでお財布にやさしいわぁ(ノ∀`) 貧乏人にはありがたい。


さて今日のエントリーのお題が「正統派アイドル」ということで、やっと真打登場です。
私はアマゾンでお買い物することが多いのですが、カプセルを買っていると、それに関連して、
勝手におすすめされるシングルCDがありまして、ちょっと興味をそそられ、オフィシャルを調べてみました。

 “Perfume”三人の女の子ユニット。素直にかわいい。

作りは音楽と連動して電脳系。カプセルが抑揚のないピコピコキュートなら、
こっちはかわいさを嫌味なく押し出したピコピコ“萌え”キュートかも。
 秋葉系なら好みかな? とか思ったら、やっぱそっち系戦略もしてて(笑)

ただ私には、この子たちはそっち系戦略でも安売りはして欲しくない、なんというか、
すごく、いいアイドル的要素があるような気がしてたまらんのですよ(笑
音楽としてもよくて、偶像崇拝的にもいい感じ。
モー娘。がもう、少女と一部の方しか触手の動かなくなったアイドルとなった今(昔は知ってたが、今まったくわからん/笑)、貴重な正統派アイドルではなかろうかなぁなんて思ってます。

 この間、ファーストアルバム&ベストを発表されて、早速買いました(笑)
Perfume~Complete Best~(DVD付)Perfume~Complete Best~  素直にかわええ(*´Д`*)


中田氏プロデュースのものは、YMO、ファミコン音楽、TMネットワーク、電気グルーブ等が好きな方はいいかもしれません。
あそこまで硬派じゃなく、かわいく噛み砕いてる感じかな?

あと意外にカプセルやPerfumeの歌詞に共通してるのは、かわいい音楽とは裏腹に、
歌詞は実は悲観的というか、ラブラブではないこと。少女のリアリズムというか。
うむ、上手くいえん(笑)
曲調に騙される歌詞もちょっと好き。

もし、興味をもたれたのなら、ぜひぜひ視聴してお試しください。

私信 : プリタン! またゆっくり音楽の話とかしようね!(笑)
author: あーしゅ
映像・音楽・ゲーム・本 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)
 
 

ふぁんたしーすたーゆにばーす!!

この間、たまねぎ腐らせました。

  ありえない。('-')  ちょっと私何した('-')

 こんばんわ、あーしゅです。

 さー、題名通りファンタシースターユニバース Windows版ですよ!! 待ちに待ったファンタシースターユニバース 特典 ビジュアルブック+ミニサントラCD付き!!
ファンタシースターシリーズは3をやったことがあり、えらいゲームバランスでしたが(笑)、
そのストーリーや構成に、ワクワクしてやってました。
私はかなりセガっ子でして、ソニックチームが大好き。
名作、ナイツは、やりすぎで本体サターンをフリーズさせるほど(笑

さて、そんなセガからファンタシースターオンラインが出ると聞き心躍らせますが、
いかんせんネット環境とドリキャスというハードのおかげであえなく断念。
GC版が出るぞと言うことで本体を買いますが、通信のためにつなげる機器等が手に入らず、
また、その頃にはチートというんでしょうか? 不正なデータ改良等が横行し、又も断念。

 つのるネットゲームへの想い‥‥

 と、そんな中「コイコイ」と手招きされたのがこのFF11で、今じゃどっぷり楽しんでます(笑

    ──んが!!


 やりたいもんはやりたいんじゃーーーー!!!と、
製作発表がされてからワクワクテカテカ。
予約なんて去年からしてますぜ兄貴!!(笑)
 しかし!
システムの改良やらなんやらで、待つことほぼ1年! くそー!!! 待たせやがってはよこい!!

とか思ってたら、アマゾン様からのご連絡。発売日は8/31なのに、発送予定日9/2〜3

 しかも佐○。(○川だと確実に遅れる。小回り利かないから。企業向け会社)



  嫌がらせかおまえらっっ!!!! しらないけどz


 高血圧になりながら何とか商品をセールスドライバーから奪い取り、PCに突っ込む。

 インストールの時間がこれほど長いとは思わなかったぜ!
 その間、モノクロの説明書に目を通し、インストール完了と同時に接続だ!!!

   ‥‥‥‥‥‥

     ‥‥‥‥‥‥‥‥ってあれ?  弾かれる?  なんで?

  何度やっても弾かれる。これってどういう‥‥‥‥リトライユニバース?
公式ではなんて書かれて‥‥

  えっ!?Σ( ̄ロ ̄ll)


    ちょっっ!!!   まってっっっwwww


 リセット‥‥いうなれば“ぽちっとな” レベル高くしても何もかもパー。
うはぁ、やってくれたなソニックチーム(ノ∀`)

 つまり今キャラクター作っても、レベル上げするだけ損って事か。むむむ。

 でも、代償に無料期間が延びるみたいだし、私はコントロール慣れてないから、
素直にオフラインのストーリーモードたのしんどこーっと。

 ネットゲーム商品としては致命的なミスだけど、のんびりの私には丁度いいかも(*'-')

わくわくがむくむくだぜ!!

        やるぞ!! スペースオペラ!!!



1人だけ作ってみたー 現段階感想。
 アクションRPGなのでFFのようなものではありません。
 オンラインはまだちょっと歩き回っただけなので、
 オフラインのストーリーモードの感想おば。

 「軽い、古きよきアニメーションを見つつ、
        操作に慣れるためのチュートリアル」

 と、いったとこでしょうか。このいい意味での軽いノリは久々。
 頭を空っぽにして古きよきお約束ストーリーをってな感じです。
 システム等、覚えることもいっぱいありますが、
 楽しんでやってるうちに慣れます。
 アニメのように一話毎っていう作りも楽しい(*'-')
 また、オンラインの方もそうですが、“ちょこっと気晴らしに”
 といった感じで手軽に出来そうなところが好感触(*'-')

 要は、アサルトみたいなのをアクションでやっていくわけですよ。
 ただ、まだやってないのに感想をいうのもなんですが(笑)、オンラインモード、
どうやって友達作っていくんだろーとちょっと心配(´・ω・`)
 積極性が求められるのかなぁ? と今からビクビクがたがた。

 ただ、無料期間が30日つきなので、ふつーにアクションRPGを買ったと思えば、そう損はないとおもう(*'-')

 又たびたびレビューしまーす(*゚▽゚*)ノ 


当サイトに記載されている会社名・製品名・システム名などは各社の登録商標もしくは商標です
Copyright (C) 2006 SEGA CO., LTD. All Rights Reserved.
author: あーしゅ
映像・音楽・ゲーム・本 | permalink | comments(9) | trackbacks(1)
 
 

アンチな私の気になる■ゲーム

あー、なんと言うか、どうしてスクエアゲームの主人公ってこう受臭いんだろう‥‥

 おはようございます、あーしゅです。

初っ端から暴言を吐いてごめんなさい★ミミミ
「へ? どういう意味?」と解らない方があなたの人生は平和なのでそのままで^^^

あと■の女性キャラに多いのは、こう、男性の想像する(理想する)裏表のない女の子っての、
多いよね。なんか、女の子が好きになる女性キャラが少ないというか。

こう、それがいいとか悪いとかじゃなくて、ゲーム会社によって生まれでてくるキャラクターの系統ってあると思いません? 面白いぐらいに(笑) なんか血液型の性格分けみたいなw


さて本日は、お盆休みだしゲームの話。
で、FF11やってるんだし私の思い入れのある■ゲームの話でも。

 とはいえ何度かうちのブログを覗いて下さっている方は知ってると思いますが、
私は■信仰者ではありません。どっちかっつーとアンチです。
が、食わず嫌いとかじゃなくって色々やっててのアンチでございます(*´_ゝ`)


皆さんもご存知の通り、FFシリーズには暗黙(?)のお約束がありまして、奇数はシステム重視、
偶数はストーリー重視という傾向があります。

    私はモノの見事に奇数派で(笑)

FFでどれが一番好きですか?って問われたら、私は迷わず「5!!」って答えるほどシリーズ中、FF5が大好きで、スーファミでやったにもかかわらず、PS版を改めて買うほど、
この手軽でやり込めるFF5が好きでした。
そんなFF5、最近のリメイクラッシュの中、例に漏れずアドバンスとしてリメイクされるそうです。

ファイナルファンタジーV アドバンス ファイナルファンタジーV アドバンス

 ‥‥‥‥‥‥例に漏れず買うと思います(ノ∀`)

後好きなものは?と聞かれると、「3と6」と答えます。基本的に奇数シリーズが私にはいいようです。 今やってるコレだって、よくよく考えると“FF11”ですね(笑)

さて、そうなってくると外せないのが

ファイナルファンタジーIII DS・ファイナルファンタジーIII!!

DSにリメイク、ニューアレンジとして登場のこのソフト。5の次ぐらいに必死に解きました。
 通信対応で、どういう遊び方するのかなぁと気になりますが、一番気になるのは、
3Dにしたことによって生じるロードの長さと、リメイクとしてキャラクターにも性格をつけるなど、
元よりかなり色をつけたようですが、多少の色付けだけでおさまったのか?
 それがかなり心配です。

でもFF3はスーファミどころかファミコンだったのに、話も濃かったし、やりこみ要素も強かった!
隠しジョブだって探し当てたあのころがなつかしいっす(ノ∀`)
だから、コレがいいものなのはお墨付きなのだが、どうメスを‥‥入れてるの‥‥かなぁ?


FFはPSになってから(7以降ですね)、とても色が変わっていきます。
どういえばいいんだろう? 押し付けがましくなるって言うのかな? いわゆる強制イベント?
相手に想像の余裕‥‥余韻を与えない話の作りというのか‥‥

FFに限らず■のゲームは、スーファミからPSに変わったのにあわせるように、
作品の作りとか印象が、私は変わっちゃったように感じるんですよね。
まぁ、このブログを読んでる方の中には、「スーファミ?なにそれ?」って方が多々あると思いますが((ノ∀`)‥‥/笑)、■はとても素朴なものや、ゲームとして冒険したものもよく作られてました。

だからDSのFF3はちょっと今風の空気が吹き込まれてるかもしれませんが、素直なゲームを楽しむといった意味で、この二つのリメイク作品は、機会があればぜひやってもらいたい
アンチ■がおすすめするゲームなのです。
 ‥‥ロード時間の長さが今は一番気になるけど‥‥(´_ゝ`)


他にやって思い入れのある■ゲームといえば、“聖剣伝説2と3”。“ロマサガ2”。“クロノトリガー”。“フロントミッション1”“ライブ・ア・ライブ”←コレやったことある人いる!?(笑) と、

ものの見事にスーファミ時代のものばかりです('-') 本当にありg

やっぱりなんかねー、方向性が変わったんだろうね。
冒頭で言ったゲーム会社によって、生まれるキャラクターの性格の系統があるとか、
無意識のうちに私がFFシリーズは奇数が好きだったりとか、なんかそうゆう、
説明はなくても感じるものとか路線とかあるんだろうなぁ‥‥

さて、そんなPSになって距離を置くようになった私が気に入ってやったものといえば、
 このMMOのFF11と、

アルティメット ヒッツ キングダム ハーツ ファイナルミックス      キングダムハーツII キングダムハーツシリーズ。

又私、このデ○ズニーさんも大層苦手なんですが(笑)、それでもこのシリーズはやりましたね。
ライオンキングを見るたび、大○愛の某曲のPVを見ている様な、なんともいえない気持ちになってきます(´_ゝ`)

というのも、この二つは、よく知っているキャラクターたちを綺麗においしいとこどりをして、上手く編集しているのと、システムのよさかな?
皆がよく知るキャラクターのおいしいとこどりって、聞くだけなら簡単だけど、おいしいところがケンカしないように引き出していかなくちゃいけないから、かなり難しかったのでは? なんておもったり。

ゲームって私の中では、素朴で手軽に遊べるものって感覚がありますから、その点、
このシリーズはアクションRPGであっても、かなりよかった。ウン('-')

ただ、ものの見事に好みのキャラクターというのはやっぱりいなくて、どこか根本で好みじゃないのかなぁ‥‥なんて思ったり。
ゲームとしては損なく遊べます。私持ってます(笑) 気お気に入りかな。私の殿堂かも(*'-')

兇諒は、気梁海でもあるので、さらに話を練らなくちゃいけなかったんでしょうが、
大人が面白く感じるためのストーリーにするため、からめ手な話の進め方をしていて少々面食らいましたが、こちらも綺麗にまとまってます。

しかし見事に「これ‥‥強制イベントだった?もしかして(笑」という、長い前フリは健在(笑
あと、ループ機能がなかったっぽい‥‥残念(´・ω・`)


大きなネームを背負い、“売れるゲーム”を作るということを余儀なくされているのは、
どこか、足かせとして作品に出ていたりするのではないだろうか?
大きな会社も人間と一緒で。

昔の、2Dでも夢中にさせてたころの作品を振り返ってみたり、相手があるものとのコラボなど、新風が入るというのは、これまた人間と一緒でいいのかもしれない。

そして又、新しいものに挑戦して欲しいなぁ。こう、安全パイではないものに。

 人も常に冒険するように(*´_ゝ`)
author: あーしゅ
映像・音楽・ゲーム・本 | permalink | comments(5) | trackbacks(0)
 
 

惹かれるのはあなた自身

気になっていたCMの曲がCOLTEMONIKHAという、私の好きなカプセルの中田さんプロデュースということが判明し、とりあえずお試しで買ってみようかなぁと考える。
だって一枚1800円程度なんだもん。カプセルのCDは大体2000円前後。

なんつーかね、最近CDが売れないとかなんとい言う話聞くけどさ、

  高すぎの気がするのよね。元々が。

 こんばんは、あーしゅです。


普通の音楽CDって大体3000円じゃない?
金持ちならともかく、決して「ためしに買ってみよう」金額ではない。
その点、例に上げたカプセルは大体2000円なので、「ためしに‥‥」「ためしに‥‥」で、
いまじゃアルバム全部そろいそうな勢い。

チューンとかで好きな曲だけ買うってのもいいよね。
やっぱ本(活字)と音楽は手軽で身近なものであるべきと思う今日この頃。



            さて本日は、レビューを混ぜたちょっとしたお話。
ファミ通DVD MOOK ヴァナ・ディール通信vol.2~アサルトだよ!全員集号!~アサルトだよ!全員集号!です。

 ‥‥‥‥‥‥えー('-') うん。

 タイミング悪いなぁ(笑)

タイミング悪いなぁというのは、VUの変更がすぐきたからね。
それをいうと一ヶ月ちょい前に出た電撃の旅団 アトルガンの秘宝編も確かにそうなんですが、
簡易攻略本なんですよね。私の印象でのファミ通は。
やっぱりファミ通は攻略専門というか。
情報をまとめて綺麗に見せるということはさすがに慣れていますが…なんと言えばいいんだろう?
主観がない。といえばいいのだろうか?

 主観と言ってしまうと、悪いイメージがあったりするのだが、人って結局、
惹かれるもの・好感なんていうものは、自分とは別の何かであったり個性だったりする。
個性があったりすると叩かれたりもするが、興味が出てくるというのも確かだ。

前回、身近な人にアンケートをとった時、「攻略ならネットがあるし」という返答が、
数多くあった。
その中で本をお金を払って買おうと思わせるというのは、何かが必要なのだろう。

実は私、「それよかった?」とよく聞かれるヴァナ・ディール研究白書 Ver.031111を持っているのですが、読むとしては、私、あっちの方がちょっと好きだったりするところがあるんですよね(笑
ジョブの個人的見解とか。少しだけだけど、どういえばいいのかな? 自分の知りえないこととか研究とか考えとか。
そういう記事、電撃の方が満載で、魅力的に見えるのではなかろうか? なんて思ったり。

DVDの方は、さすがに手馴れてる感が漂いますが、映像って色味調整とかできないから、暗いよねー(笑) 仕方ないのだがww
真面目企画の他にちょっとトンでも企画が収録されていたのですが、
私はあれが一番好きでしたw

ネットテレビ放送という、素人でも映像を作ればそれに対し、スポンサーがついて放送出来るという企画があるらしいが、そんな感じで定期的に放送されても面白そーとか思った私は欲張り?(笑


なんていうかなぁ、やっぱ人間惹かれるのって、個性だよね。人であれなんであれ。
で、こう…接触する仲ならともかくとして、間接的な…映像であったり音声であったり活字であったり、そうなってくると、個性というのはなぜか薄まったりするのですよ。
だからちょっと大げさだったり、難癖があったりしたほうが伝わりやすかったりする。

特に冒険なんかを楽しく伝える場合は、多少破天荒だったり、こだわりがあった方がさらにいい。


あとそれから‥‥って、え? ダメだししすぎ?(笑 
誰もうちのブログ読んでないから偉そうなこといってるんだろう?

安心してください、ちゃんと関係者に直接バイオ3してみます★ミミミミ うふっ^^

 ‥‥‥‥(´_ゝ`)怖いものがないといわれるのがなんかわかりはじめた。



人はいいところを見せようとする。悪いところを隠そうとする・見ないようにしようとする。
まぁそりゃ当たり前だ。悪いところばかり目につけば愛想もつかされる。
自分はいい人に見られたかったり、できる人に見られたいのも確か。

でも、完璧にいい人なんているわけないし、“悪い”といわれるところに魅力や個性があるのも確か。

どれだけ悪いところと向き合えるか、悪いところをいかに魅力に変えるか。
それが進歩なんだろうなぁ。なんでも(*'-')
author: あーしゅ
映像・音楽・ゲーム・本 | permalink | comments(2) | trackbacks(0)
 
 

ヴァナ通って知ってる?

暑いですねぇ‥‥ PCのためにエアコンを入れようかどうしようか悩んでるあーしゅです。

  おはようございます。

私自身は「あちーあちー」言いながらなんとでもなるタイプなんですが、
PCはね‥‥仕事で一日中つけてるし‥‥どしょっかなぁーとか。

でも電気代がなぁ‥‥うーん。3000円ぐらい変わるしなぁ‥‥←貧乏人。



さてさて、以前旅団本レビュー&本の魅力って?という記事を書かせていただきましたところ、
とある方と議論というかそういう話をいたしました。
まぁ、簡単に言えば、
“旅団本のどこがいいの? ヴァナ通本の何がいけないの?”
というお話です。

何でこうなったかといえば、私が電撃派で相手がヴァナ通派だったというだけの、
とても簡単な根拠なんですが(笑


では議論開始で『そもさん!』『説破!』ヽ(`Д´)ノ

「大体、電撃本って読みにくくないか? ごちゃごちゃごちゃーってしてて。
     これが学生時代なら端から端まで読もうと思うが、大人になってまで‥‥」
「うむ。私もそれは思うw 旅団というより電撃全体がもちっとレイアウト‥‥
     ってことおもうケド、それにも増してコラムが多いから端から端まで読んでやろうと思う。
     ヴァナ通はキレイに整ってるけど興味をそそられる記事っつーかコラムって
     少ないやん!!

 例えて言うならなんでしょう? ほら、ドン○ホーテあるじゃん?安売りの。
ごちゃーっとしてて見難くて。でも行けば「そういえばあれ買ってなかったな」とか、
「ここはあれって売ってるのかな?」と買って探すじゃないですか。100円ショップとかね。
私には電撃ってそんな感じなんですけど、ヴァナ通って百貨店内の高級店みたいな…
確かに、私達の知らない情報で未知のものではあるけど、そこまでお金払ってまでなぁとか、
キレイな絵やネームバリューばっかり先行して、使い勝手は?なんて感覚を持ってみたり‥‥


「つまり、愛着感がないのよ!!バシィッッ!!
むむむ。 愛着だとぉ」
「だって旅団は団長とかザンゲツさんとかキティさんとか、愛着しかりキャラ立ちが
     しっかりしてるけど、さぁヴァナ通には立っているキャラはいるか!?
    愛着つくものがあるか!?」
「それを言うなら今回の本とかってちょっと読者に媚びてるような感があって
     俺はなんかいやな気がしたぞ」
「うむ。確かにあると思う。が、読者を近寄らせないような突き放した記事書かれるより、
     私は好感がある!」
「なんだとー!」
「がるるるるる」


さて、ここもわかりやすく愛着が持てるポイントですよね。キャラクター。
電撃の旅団は個性のあるキャラクターだらけ。さてヴァナ通はというと‥‥確かにいっぱいいるのですが、思いつく人‥‥る‥‥ルパンさん?w(ヴァナ通の長/笑)

と、こんな調子でとっつきやすさ、愛着が薄い。しかもファミ通時にした失態、あのでで汚事件は今でもどーも尾を引っ張ってるのは否めない‥‥(´・ω・`)
(どんな事件か、解りやすいフラッシュがありましたのではっつけて置きます。もちろん音あり⇒
ただ、今FF編集しているグループと、このどうしょうもない方とはまったく関係ないらしいんですが、人の恨みとイメージって尾を引くよね‥‥


 っと言うわけで! 私1人だと偏見バシバシすぎかもしれないから、ココはひとつ!
身近な人にアンケートいってみよー!!

あなたは電撃派ですか? ヴァナ通派ですか?



「ヴァナ通? なにそれ?


 ──Σ( ̄ロ ̄ll)──!!!   ぬ、ぬかったーーーーーーー!!


これが意外に多かった。アンケートを聞いていってると、攻略本は買わない主義の方が多い。
逆に攻略本を買う人は、もともとそういった本を買うのが好きな方が多く、
本を買う人は結構端から端まで買ってたりする人がいた。

つまり、電撃の旅団本を端から端まで買ってほかの攻略本とかどうしよう?
なんていう選択肢の私にしてみれば当たり前の選択が、根本にない。

これは、私が電撃派と言えどもショック。


「そんな本あるんだ」
「あるよw」

で、色々聞いてみて解ったことが、ヴァナ通がゲーム攻略本のところではなく、
ゲーム攻略雑誌の場所に置かれていて気付いていなかったり、
絵柄が一見してFF11と解るものでなかったり(つまりパロディ漫画とかそっち系に見えるらしい)で気付かない。
表紙のデザインに関しては、電撃の方が好印象のようだ。

電撃知っててもヴァナ通知らないって言うのも多かった。


次! 電撃を選ぶ理由。またヴァナ通を選ばない理由を述べよ。

これ、電撃を選ぶ筆頭は「団長!」「四コマ!」と私の言ったキャラ立ちや愛着が如実に現れた結果に。
逆にヴァナ通を選ばないのは「値段と内容」が過半数。
後は、さっき上げた不買運動が見についちゃってる人もちらほら。

「電撃は攻略見てなくて、端のコラムばっかり読んでるよw」

という意見と、

「ヴァナ通は、読みやすくてもあっという間で読むとこなかったり攻略なかったりで…」

という、やっぱり読み物としての付加価値・愛着心が購買に繋がっていくんだなぁとかって言うのが見えて、少ない人数にしかアンケートしてないのですが、少し、面白いものを見させて貰った気がしました。


ただ私は電撃派ですが、同じ電撃派の友達と、旅団は本の作りやコンセプトがそれなりの完成形に達したから、これから先はどうするんだろうか?
このままで怠惰しないようにして欲しいねと言ってる矢先だった。
私は次回の冒険編は正念場だと見てる。

又逆に、今度出るヴァナ通のアサルトだよ全員集合は、期待している。
今回は攻略と、以前も言ったようにユーザーを巻き込んだ記事や、新たな挑戦もしようというのが見て取れる。
どういったらいいかな? ゼロからのスタートとに近い心意気が見えるといおうか。

「いつもは買わないけど、今度のヴァナ通は買うつもり」

と、アンケートをとっている時、ちらほらと聞いた。
あー。やっぱ私みたいに気になってる人がいるんだなぁって、なんだかニヤリw


 なんでもそうだけどさ安定した情報もいいけど、切磋琢磨して、
新しい試みとか、そういったものって人間好きだよねーww

それにヴァナ通のブログ版、ヴァナ通ブログは宣伝も多いが、更新も結構多くて好感持ってるから応援したいんだよなーw

   ‥‥‥‥‥‥って、なにこれ? ゆきさん?

「いや、ヴァナ通ブログ紹介してくれたから、ヴァナ通ブログのバナーとして
     使ってくれていいよーって、バナーもらったの。使って(ノ´∀`*)」


 使ってってこれ‥‥‥‥


ブログ用バナーというより‥‥(笑)


   どう見ても雑誌宣伝バナーじゃんww



 

 うーん、期待というか、不安というか、なんともいえない甘酸っぱいものを感じます(ノ∀`)
author: あーしゅ
映像・音楽・ゲーム・本 | permalink | comments(2) | trackbacks(0)
 
 

go well

つれづれなるリアル&ヴァナLife。
ファイナルファンタジーXI マニアックス ハンターズ・バイブル2nd Ver.20070115 ファイナルファンタジーXI 電撃の旅団編 -ヴァナ・ディール公式ワールドガイド- Vol.3 冒険編 ファイナルファンタジーXI 電撃の旅団 編 ヴァナ・ディール公式ワールドガイド アトルガンの秘宝編 ファイナルファンタジーXI 公式設定資料集 ~Life in Vana'diel~ さよなら絶望先生 第6集 (6) ファイナルファンタジーVI アドバンス ファイナルファンタジーV アドバンス ファイナルファンタジーIII 塊魂 PlayStation 2 the Best 大神 PlayStation 2 the Best Wii Perfume~Complete Best~(DVD付) RAKA SHADOW HEARTS II Original Soundtracks